FC2ブログ
2008.07.14 正しい見方
仏教では、霊魂の存在を認めない、とか、
死後の世界である霊界など無い、という僧侶は、
仏教の最も基本的な修行法である八正道の、
一番初めにくる正見が出来ていません。

お釈迦さまは、正しい見方について、こう説かれています。


比丘たちよ、このなか(八正道)で正しい見方が最初にくる。
では、比丘たちよ、どうして正しい見方が最初にくるのか。
誤った見方を誤った見方と知り、正しい見方を正しい見方と知っているとき、
その人は正しい見方をしている。

では、比丘たちよ、誤った見方とはなにか。

『施し物は存在しない、供え物は存在しない、捧げ物は存在しない、
善悪の行為の果報は存在しない、この世は存在しない、あの世は存在しない、
化生の生きもの(霊的存在)は存在しない、
この世やあの世のことをみずからはっきりと知り、じかに見て開示できるような、
正しく道を修めた沙門やバラモンは、世間に存在しない。』

というのが、比丘たちよ、誤った見方である。

では比丘たちよ、正しい見方とはなにか。
比丘たちよ、正しい見方をわたしは二つ説く。
『徳行のひとつではあるが、迷いの生存の下地をつくる正しい見方』があり、
『神聖で、煩悩を離れ、世俗を超越した、聖道に属する正しい見方』がある。

比丘たちよ、
『徳行のひとつではあるが、迷いの生存の下地をつくる正しい見方』とは何か。

『施し物は存在する、供え物は存在する、捧げ物は存在する、
善悪の行為の果報は存在する、この世は存在する、あの世は存在する、
化生の生きものは存在する、この世やあの世のことみずからはっきりと知り、
じかに見て開示できるような、正しく道を行ない、
正しく道を修めた沙門やバラモンは世間に存在する。』

というのが、
『徳行のひとつではあるが、迷いの生存の下地をつくる正しい見方』である。

では、比丘たちよ、
『神聖で、煩悩を離れ、世俗を超越した、聖道に属する正しい見方』とはなにか。

比丘たちよ、

『心が神聖で、心に煩悩がなく、聖道に達し、
聖道を修めている人の智慧、智慧の能力、智慧の力、
物事の解明という悟りの支分、聖道に属する正しい見方。』

比丘たちよ、
これが『神聖で、煩悩を離れ、世俗を超越した、聖道に属する正しい見方』である。

誤った見方を捨てよう、正しい見方を備えようと努力するとき、
その人は正しい努力をしている。注意して誤った見方を捨て、
注意して正しい見方を備えているとき、その人は正しい注意をしている。
こうしてこの三つのもの、すなわち、正しい見方、正しい努力、正しい注意が、
正しい見方につきしたがい、ついてまわる。


パーリ原始仏典中部第117経「聖道経」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/511-565e4d3c