FC2ブログ
近代スピリチュアリズムの歴史―心霊研究から超心理学へ近代スピリチュアリズムの歴史―心霊研究から超心理学へ
(2008/04)
三浦 清宏

商品詳細を見る



心霊研究に長年従事されてこられた著者渾身の書です。

著者である三浦清宏氏は、
芥川賞や日本文芸大賞を受賞している大作家であり、
明治大学の工学部教授もされています。

そんな社会的地位のある氏が、
心霊主義を真っ向から擁護したスピリチュアリズムの歴史を概観した本書を、
世に問うた勇気に敬服いたします。

時代は変わりつつあります。

この本の素晴らしさは、あとがきに垣間見れます。


ここまで書いてきて改めて心霊研究の歴史が、
霊的現象をめぐって信ずる者と信じない者との戦いの記録であったことを痛感する。
その間いろいろな問題点が提出され研究の対象はほぼ出揃ったかに見えるが、
百数十年もかかってどれもまだ合意に達していないということは、
ほかの分野には見られない驚くべきことである。
心霊(サイ)研究は人類に最後に残された研究分野で、
単に物理学や化学や心理学の問題にとどまらず、電磁気学や生理学、大脳生理学、
脳神経科学、動物行動学、人類学など広い分野に及ぶ学際的研究である、
と言われるが、問題の難しさをそう表現するのは結構だとしても、
いつまでやってもイタチごっこというのはいったいどういうわけだろう。
何か根本的に考えなければならない問題があるのではないだろうか。
一口に言えば人間能力そのものの問題だろうと思うが、
たとえばジョン・ベロフが「実験者効果」または「場効果」という言葉を使って、
実験の対象が実験する人間の影響を受けることを指摘しているのは、
この問題を意識したものだ。実際、ベロフの言葉の由来する量子力学の分野では、
研究結果が実験者の影響を受けるというのはすでに常識となっているらしいことは、
筆者のような門外漢の耳にも入っている。
超心理学の分野で言えば、ガートルード・シュマイドラーが「羊と山羊」という言葉で、
心霊現象を信ずる者と信じない者との間に、
結果の差が生じることを指摘しているのと同じである。
先日、筆者は興味深いことを聞いた。
或る会合で現代天文学の最先端にいると言われる学者が言ったことだが、
われわれ人間が現在知りうる物質世界は、
原子、人間、星、銀河のすべてを含めても宇宙全体のわずか四パーセントで、
残り九六パーセントは不明なのだそうである。
不明な部分は宇宙全体の七三パーセントのエネルギー、二三パーセントの物質で、
これを「暗黒エネルギー」及び「暗黒物質」というらしい。
或る時から宇宙の膨張が加速されるようになったのを、
宇宙の微妙な温度差によって計ったところ、そのエネルギーと物質の量は、
われわれの知りうる世界の総量を遥かに上回ったというのである。
計算違いではないかと疑いたくなるような話で、
それに比べれば心霊現象などは他愛もないことに思えるほどだ。
われわれの知らない部分がまだ数パーセント残っているというのなら話は分かるが、
(それにしても今いる宇宙からすれば膨大な量だが)、物質的には約五倍、
エネルギーに関しては十八倍の量のものがわれわれの認識を拒否しているのである。
これではわれわれは何も知らないと言ってもおかしくない。
「暗黒」と言っても真っ暗だというのではなく、
「見えない」また「知らない(知り得ない)」ということらしい。また、それがどこか、
われわれの知り得ないところに行ってしまっているということではなく、
わたしたちの周りにありながら「見えない」らしい。
これが本当だとすると(心霊現象と違って疑う人間はいないらしいが)、
この「暗黒世界」の中で何が起こっていようが、われわれは異議申し立てをしようがない。
どんな仮説も(たとえ「霊界」のようなものでも)荒唐無稽だと言って、
笑って済ませるわけにはゆかなくなる。これを裏から言えば、
人間の知性などというものはいかにちっぽけなものに過ぎないかということにもなる。
と言って筆者は人間知性を低く評価するものではない。
まだ分からないことがたくさんあるのだ、
ということが分かっただけでも立派なものだと思う。
それにしてもわれわれ人間は今までなんとそのちっぽけな知識を振り回してきたことか。
そこで私はこう言いたい。
心霊現象というものが現在の科学的基準に合わないからといって、
あり得ないと考えることはやめようではないか。
科学者と言われる人間が調査して真実であると認めたことは、
それだけの根拠があると考えよう。もしあなた自身が科学者で、
再調査しても同じ結果にはならない(再現性がない)ということなら、
まず現象そのものを疑う代わりに自分の調査の方法を疑ってみたらどうだろう。
「実験者効果」ということを考えることも必要かもしれない。
こんなことは私のような素人が言うまでもないことだが、
心霊現象というのはもともと再現することの非常に難しいものなのだ。





クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/519-4d0ada97