FC2ブログ
19世紀のスピリチュアリズムの伝道者として、
「女パウロ」と称されたエマ・ブリテン氏は、
「スピリチュアリズムの七綱領」を作成しました。

これは、現在も、国際的なスピリチュアル団体によって公認されています。

尚、この綱領は、
社会改革家のロバート・オウエンの霊から受け取ったメッセージを、
エマが自動書記したものだそうです。

この思想が常識になれば、どれほど世界は素晴らしくなることでしょう。


一、神はあらゆるものの源である。

二、人類はみな同胞である。

三、人間の個性は死後も存続する。

四、この世とあの世とは交信可能であり、
   人間は天使(守護霊)の指導を受ける。

五、各人にはそれぞれ果たすべき責務がある。

六、生きている間も死んでからも、行ったことには必ず報いがある。

七、人の魂は永遠に向上することが出来る。





クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/522-5c6ccb5a