FC2ブログ
仏教は、神に頼らず、
内奥の智慧を開発する自己修行の道を説く、自力の教えだと思われています。

他力仏教と呼ばれる浄土教や、キリスト教では、
人間は自力では悟れず、無力で救われるべき存在である、と説かれがちです。

しかし本当は、救いの道には、完全な自力もなければ、完全な他力もありません。

神や高級霊は、努力する人をこそ助けたいのでありますし、
どのような修行者も、神への信仰や大いなるものの力無しでは、道は開けません。

結局、自力も他力もどちらも必要であるということです。

高級霊側の視点では、こういうことなのです。


私どもは、あなた方の生活から、
問題も悩みも苦しみもなくなるというお約束はできません。
お約束できるのは全ての障害を乗り越え、
不可能と思われることを可能にする手段を、
あなた方自身の中に見いだすようになるということです。
内部に宿る資質の中の最高のもの、最奥のもの、
最大のものを発揮しようと努力するとき、
私ども霊界のものの中であなたに愛着を感じ、
あなたを援助することによって、
多くの人々の力になりたいと望む霊を呼び寄せることになるのです。

あなた方は常にリラックスし、受け身的で穏やかで平静で、
しかも奥に自信を秘めた状態であらねばなりません。
その状態である限り万事がうまくいき、
必要とするもの全てが施されるとの確信を持たなければいけません。
安易な人生からは価値があるものは得られません。
困難な人生からのみ得られるのです。
神は決してあなた方を見捨てません。あなた方が神を見捨てているのです。
困難に直面したとき、その神の遺産を結集し、
必ず道は開けるのだという自信を持つことです。
不動の信念を持てば必ず道は開かれます。


「シルバーバーチの霊訓」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/528-e71b576f