FC2ブログ
お釈迦さまは、一宗一派の教えを説いたのではなく、真実を説かれました。
ですから、どのような宗教を信じていても、どのような戒の修行をしていても、
八正道がありさえすれば悟る人が現れるだろう
と言われています。

これは、仏教の大きな特色です。


スバッダよ。
いかなる教えと戒律においてでも、
『尊い八支よりなる道』(八正道)が存在すると認められないところには、
第一の『道の人』は認められないし、そこには第二の『道の人』も認められないし、
そこには第三の『道の人』も認められないし、そこには第四の『道の人』も認められない。
しかし、いかなる教えと戒律においてでも、
『尊い八支よりなる道』が認められるところには、
第一の『道の人』が認められ、そこには第二の『道の人』も認められ、
そこには第三の『道の人』も認められ、そこには第四の『道の人』も認められる。
このわが教えと戒律とにおいては『尊い八支よりなる道』認められる、
ここに第一の『道の人』がいるし、ここに第二の『道の人』がいるし、
ここに第三の『道の人』がいるし、ここに第四の『道の人』がいる。
他のもろもろの論議の道は空虚である。―『道の人』を欠いている。
スバッダよ。修行僧はここに正しく住しなさい。
そうすれば、世の中は真人たちを欠くことの無いものとなるであろう。

パーリ原始仏典長部第16経「大般涅槃経」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/533-a9e74766