FC2ブログ
2008.07.25 魔パーピマン
魔というのは、架空の存在ではありません。

魔が修行者に憑依して転落させようとするのは、現代にもよくあることです。

仏典にも、
神通第一の目連尊者が霊眼によって、
魔の存在を見抜くところが説かれています。

仏教が霊的存在を認めない、というのはとんでもない話なのです。




そのとき尊者マハーモッガッラーナは空き地で経行をしていた。
ちょうどそのとき、
魔パーピマンは尊者マハーモッガッラーナの腹のなかに入り込み、下腹部に至った。
尊者マハーモッガッラーナは、
「わたしの腹は臨月に至ったように重苦しいが、なぜだろう」と考えた。
そこで尊者マハーモッガッラーナは経行をやめて、
部屋へ入り、設けられている座にすわった。
すわって尊者マハーモッガッラーナは一人で注意深く思いを凝らした。
尊者マハーモッガッラーナは魔パーピマンが下腹部に至っているのを見た。
見て魔パーピマンにいった。
「パーピマンよ、出てきなさい。パーピマンよ、出てきなさい。
如来や如来の弟子を困らせてはいけない。
長いあいだあなたに不利益と苦しみとをもたらすことを行なってはならない」と。

魔パーピマンは考えた。
「この沙門はわたしを知らずに、見ずに、
『パーピマンよ、出てきなさい。パーピマンよ、出てきなさい。
如来や如来の弟子を困らせてはいけない。
長いあいだあなたに不利益と苦しみとをもたらすことを行なってはならない』といった。
この者の師ですら、わたしをこんなに早く知ることはできないであろう。
どうしてこの沙門がわたしを知ることができようか」と。

そこで尊者マハーモッガッラーナは魔パーピマンにいった。
「パーピマンよ、わたしはこのようにあなたを知っている。
あなたは『かれはわたしを知らない』と考えてはならない。
パーピマンよ、あなたは魔である。
パーピマンよ、あなたは考えたのだ。
『この沙門はわたしを知らずに、見ずに、
パーピマンよ、出てきなさい、パーピマンよ、出てきなさい、
如来や如来の弟子を困らせてはいけない、
長いあいだあなたに不利益と苦しみとをもたらすことを行なってはならない、といった。
この者の師ですら、わたしをこんなに早く知ることはできないであろう。
どうしてこの沙門がわたしを知ることができようか』と」

そこで魔パーピマンは考えた。
「この沙門はわたしを知り、見ているから、
『パーピマンよ、出てきなさい、パーピマンよ、出てきなさい、
如来や如来の弟子を困らせてはいけない、
長いあいだあなたに不利益と苦しみとをもたらすことを行なってはならない』といったのだ」

そこで魔パーピマンは尊者マハーモッガッラーナの口から出て、僧坊の戸口に立った。
尊者マハーモッガッラーナは魔パーピマンが戸口に立ったのを見た。


パーリ原始仏典中部第50経「降魔経」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/556-0263d093