FC2ブログ
高楠順次郎博士は、梵語(古代インド語)の権威でありました。
本願寺で学び、東大で梵語を教えました。

博士は、大蔵経という膨大な量の仏教経典を翻訳し、
出版するという事業に命をかけました。

そして、『大正新脩大蔵経』、『国訳南伝大蔵経』を全巻刊行しました。

その功績は、日本仏教界においては多大なものです。

その外にも、今の『中央公論』の前進となる『反省会雑誌』を発行したり、
欧米仏教通信会と称して、神智学や、オカルティズムを日本に紹介しました。

また、『現代仏教』を創刊するなど国民の教化活動や女子教育にも力をそそがれました。

晩年は、オカルト的古代文明論を提唱されました。

かくも偉大な、お方だったのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/56-7273cebb