FC2ブログ
現代においては、
高度化した仕事を営む上で役立つ、生きた宗教が要請されています。

古い宗教では、あの世のことや心の平安だけを説いていれば良かったのですが、
文明の大発展にともない、この世での幸福理論を説く必要が出てきました。

アメリカンドリームは、
メイフラワー号に乗った新教徒たちから始まったのです。
ここに、神の意思が表れています。

V・ピールやシュラーは、牧師さんですが、
人は日々考えている通りになるといって、
信仰と仕事の成功を結びつけて教えを説きました。

ニューソートは、意識が現実を創り出すといって、
この世での成功や発展繁栄、富について教えました。

その流れが、現在の引き寄せの法則やニューエイジ思想に繋がっています。

アメリカでの流行は、日本に遅れてやってくるので、
これからの宗教には、そういう要素が求められるのは必然です。

現在の僧侶は、あの世のことも説かなければ、
この世での実践的な幸福の方法も説いてません。

これでは、日本仏教が衰退するのも無理はありません。

宗教は、時代の要請に対応していかなければならないのです。

これからのキーワードはこうです。


内なる声に従う

直観的なひらめきを大切にする

奇跡の日常性を感じる

祈りや瞑想の時間を持つ

神や宇宙を信頼する

絶えず感謝を持ち続ける

自分の夢や可能性を信じる

肯定的なことに焦点を当てる

自分が望むビジョンを思い描く





クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/578-9608ffdb