FC2ブログ
他の一神教と比較して、
仏教は創造神を認めない教えだという論調がまかり通っています。

そもそも、
一神教と言われるキリスト教、ユダヤ教、イスラム教で言う「神」とは、
それぞれ、どのような存在を指しているでしょうか?

それぞれの「神」が違う存在であるのであれば、
唯一神のはずなのに、三体も「神」が存在するのでしょうか?

同じなのであれば、別の宗教である必要が無くなってしまわないでしょうか?

このことを考えるにあたって、
それぞれの開祖は、「神」をどう捉えていたかを知る必要があります。

結論を言えば、それぞれの開祖は、
同じ高級神霊グループからの指導を受けていました。

モーゼが指導を受けたのは、ヤーウェ神が主ですが、
ヤーウェというのは、エンリルという人格神のことです。
モーゼは、以前から中東全域で信仰されていた至高神エルと、
それを取り巻く複数神霊の区別がつかず、エンリル神を唯一神としてしまいました。

キリストは、旧約のヤーウェ神からも、ヘルメス神からも指導を受けていました。
キリスト教から派生したグノーシス主義では、
旧約の神であるヤーウェは怒りの神、裁きの神という性格を持ち、
罰としての災いを下す恐ろしい存在として、これを中間界に位置づけ、
その上に、新約の愛と光の神を最高の領域に置くなどして、この二つの神を分けています。

マホメットに対して、
大天使ガブリエルを通して降ろされたメッセージは、
旧約の預言者たちのものと同じ高級霊団グループからのものでした。
マホメットは、古い宗教から脱皮をはかる宗教革新運動のために、
もともと多神の中の至高神であったアッラーを、唯一神としたのです。

このように、
一神教で言われる唯一神である創造神は、実際は高級神霊であり、
かつて人間として肉体を持ったことのある人格神であるのです。

これは、日本神道の神々についても同じことが言えます。

霊界の真相では、多神の方が正しく、
「神」と呼ばれる高級諸神霊が複数いるということです。

そして、人格を持った存在ではなく、
すべてを包括するより高次で絶対的な神は、根本神として別にあるのです。

それでは、仏教ではどうでしょうか?

お釈迦さまが頻繁に対話をした大梵天や帝釈天は、創造神であり、人格神です。
そういう意味では、これらの存在は、一神教でいう「神」と同等の存在なのです。

しかも、浄土教でいう阿弥陀仏という存在は、
明らかに人格神であり、これは一神教であると言えるのです。

お釈迦さまは、「天上天下唯我独尊」と宣言されたように、
天の神々たちよりも、上位にある存在だったのです。
そして、別名「天人師」とも呼ばれるように神々の師としての立場があったのです。

また、仏教では、
人格神の上位概念として大日如来、毘盧遮那仏が説かれていますし、
そのものを開示することによって、
根本神の存在を示しているのです。

究極の神は、人格神を超えたるものであり、
地上の人間には認識し難いものであったのです。
諸宗教では、人格神どまりの認識だったのですが、
仏教では、人格神を認めて、なおかつそれ以上の概念をも説いていると見るべきなのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/579-dabb8cc9