FC2ブログ
2008.07.30 哲人の言葉
日本では、何故か評価が低い、
アメリカを代表する思想家ラルフ・ワルド・エマソンの美しい文章を紹介します。

彼が、超絶主義者と呼ばれるゆえんが理解できます。




毎日われわれの周囲で起こっていることをちょっと考えてみれば、
われわれの意志の法則よりも高度な法則が世のなかの出来事を統制していて、
われわれの苦労などは不必要で不毛であり、気楽に、素朴に、
心のままに行動するときに、初めてわれわれは強者となり、
服従することに満足すれば聖者になることが分るだろう。
信仰と愛が、信じつつ愛することが、われわれから、
気苦労の巨大な重荷を取り除いてくれる。
まことに、わたしの兄弟たちよ、神は実在しているのだ。
われわれが誰ひとり宇宙に害を加えることができないように、
自然の中心に、そしてあらゆる個人の意思を越えて、ひとつの魂が存在している。
その魂がおのれにそなわる強力な魅力を自然のなかにそそぎこんでいるために、
われわれはその魂の助言を受けいれると栄え、
その魂の被造物たちをもしも傷つけようとして努力すれば、
われわれの手は両脇に貼りついてはなれず、
あるいはわれとわが胸を乱打する仕儀となる。
物事の推移がすべてわれわれに信仰を教えてくれる。
われわれはただ従うだけでいい。われわれひとりひとりに導きが与えられており、
謙虚に耳を傾むければ正しい言葉が聞こえるはずだ。
だのにどうして地位や職業や仲間、行動の仕方や楽しみ方を、
それほど苦労して選ばなければならないのか。
紛れもなく君のためにはひとつの正義が潜在していて、
均衡をとったり故意に選んだりすることを不必要にしている。
君のためにひとつの実世界があり、君にふさわしい場所と心にかなう義務もある。
浮遊するすべてのものにいのちを与える能力と知恵の流れのさなかに身をひたせば、
努力もせずに真理のもとへ、正義と完全な充足のもとへ運ばれていく。
すると異を唱えるすべての者たちこそ間違っていることを証明できるようになる。
すると君は世界そのものとなり、正義、真理、美の尺度となる。
現在のように惨めな干渉ばかりくり返して、
おせっかい屋になることをもしも望まなければ、
人びとの仕事は、社会、文学、芸術、科学、宗教は、
いまよりも遥かにりっばなものになり、世界の初めから予言され、
いまもなお心の底から予言されている天国が、
いま目にうつるばらや空気や太陽の姿そのままに、
おのずから形をととのえていくことだろう。


「霊の法則」



クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/581-9084c12a