FC2ブログ
葬式仏教から脱出する為、
いろいろと仏教界も新しい動きをみせているようです。

しかし、ソフトばかり変えても、
肝心のハードが、旧来の「無霊魂仏教」のままでは、人々の心は動かせません。

そういう僧侶は、仏陀よりも、東大の文献学者を信仰しているのです。

もしくは、自分の信念である唯物論哲学を信仰しているのです。

仏陀の教えを信じない僧侶とは、一体何なのでしょうか?

僧侶は、何が問題なのかを理解する必要があります。

日本人の信仰心や道徳心、霊性を崩壊させたのは、
他ならぬ僧侶自身であったということに気づかなければなりません。

日本仏教が誤った方向に進んだのは、戦後わずかな期間だけです。

過去を反省し、大いにスピリチュアル仏教を伝道すればいいのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/601-48d89e8d