FC2ブログ
2008.08.07 仏教と奇跡
近代に入ってからは、
仏教には神秘や奇跡は無い、とする文献学者がたくさん現れました。

しかし、不思議なことに最古の仏典には、奇跡や神秘現象ばかりが説かれているのです。

この矛盾に、現代の仏教者は見て見ぬふりをしているようです。




名医ジーヴァカの楽しいマンゴー林に向って歩いて行く尼僧スバーを、
一人の悪者がさえぎった。スバー尼は、かれに対して言った、
「あなたは、わたしの行く手をさえぎって立っていますが、
わたしはあなたに何か過ったことをしたのでしょうか? 
友よ。男子が尼僧に触れることは、宜しくありません。」

誘惑する男いわく、
「あなたは、若くて、美しい。
あなたは、出家したとて、なんになるのです?
さあ、黄衣を投げすてなさい。花咲く林のなかで、一緒に遊びましょう。
もしも、あなたが一人で林のなかに入って行ったならば、
あなたに、なんの楽しみがあるでしょう。
もしも、あなたが叢林のなかに住もうとなさるならば、
わたしはあなたの御意のままになりましょう。柔和な眼をした女よ!
妖精キンナリーよ!あなたより愛しい人はわたしにはいないからです。」

スパー尼いわく、
「死骸に充ち、死骸の棄て場所を増大させるものであり、
壊減する性質のものであるこの身体のうちで、なにをあなたは本質と認めるのですか?
その本質を見て、あなたは茫然自失してわたしを見つめておられるが。」

誘惑する男いわく、
「あなたの眼は、山の中の牝鹿や、妖精キンナリーの眼のようです。
あなたの眼を見たので、わたしの愛欲を楽しみたい気持は、ますますつのりました。
たとい、あなたが遠くへ去っても、わたしはあなたを憶っているでしょう。
長い睫毛の女よ!眼の清く澄んだ女よ! 
わたしには、あなたの眼よりも愛しい眼はないからです。
柔和な眼をした女よ!妖精キンナリーよ!」

スバー尼にいわく、
「あなたは、邪道を行こうと望んでいます。ブッダの子を獲得しようと企むあなたは!
けだし、神々と人間の世の中において、
いまや、わたしが貧りを起す対象は、どこにもありません。
また、わたしは貧りがいかなるものであるかも知りません。
それは、聖者の道によって根絶されているのです。
だから、わたしは、幸せな人、ブッダの尼弟子であり、
正しい道の八つの実践法よりなる乗物に乗って行く者です。
わたしは、煩悩の矢を抜き去って汚れ無く、
人のいない家に入って行って、ひとりで楽しみます。
盲たる愚かな人よ。目の前につくり出された幻術によるすがたのごとく、
夢の終りに見る黄金の樹のごとく、人々の中で見せる影絵のごとく、
うつろなるものに向って、あなたは走って行きます。
眼は空洞の中に置かれた小さな球であり、眼の中央には泡状のものがあり、
涙を出し、目やにもそこに生じます。多種多様の眼が球体としてつくられます。」

眉目うるわしく、心に執著のないスパー尼は、眼をえぐり出して、執著しなかった。

「さあ、この眼をあなたのために、持ち去ってください」、
と言って、即座にそれをその男に与えた。

かれの愛欲の念は即座に消え失せた。そうして、かの女に許しを乞うた。
「燃え立つ火を抱くように、わたしは、このような人を害なった。
わたしは、謂わば、毒蛇をつかんだ。
どうぞ、お健やかに!さあ、わたしをお許しください。」

その尼僧は、その男から脱れて、妙なるプッダのみもとに行った。
ブッダの妙なる功徳の相を見て、かの女の眼は、もとどおりになったのである。

パーリ原始仏典小部「テーリーガーター」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/606-ab2a36f9