FC2ブログ
スティーヴン・ホーキング博士と共同でブラックホールの特異点定理を証明した、
ロジャー・ペンローズ博士は、量子理論の世界的な権威です。

博士は主流の科学者ですが、神秘主義者でもあるのです。

その著書では、このような驚くべき主張をしています。


物質から精神が生じるという考え方には、
根本的な問題がある、と私は思う。
この問題で哲学者が頭を悩ませるのは当然のことである。
私たちが物理学で論じるのは、物質や、
質量の大きい物体や素粒子、
さらに空間や時間やエネルギーなどである。
この物理学と、私たちの感覚、
すなわち色を知覚したり幸福を感じたりすることとが、
どんな関係にあるのだろうか? 
私は、それは一つの神秘だと思っている。
プラトン的世界(霊界)と精神的世界、
物質的世界を結ぶつながりは、神秘なのである。


「心は量子で語れるか」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/608-3e06fd7d