FC2ブログ
因果の理法は、普遍的な真実です。

これを欠いた教えは、仏教ではありません。




「大徳(ブッダ)よ、西の方より来れるバラモンは、水瓶を持ち、花環をつけ、水に浴し、
火神につかえ、死せる人々を天界に昇らしめることができるという。
大徳は、あまねく世人の尊敬を受けられる覚者であられるが、大徳もまた、
人々の身壊れ、命終わりて後、善趣天界に上生せしめることを得るであろうか。」

「部落の長よ、では、私から、汝に問うてみたい。
汝の思うとおりに答えてみるがよい。
部落の長よ、汝はこれをいかに思うであろうか。
ここに一人の人があって、人を殺し、物を盗み、偽りを言うなどして、
あらゆる邪まの業をなしたとするがよい。
そこに大勢の人々が集まり来て、
『この人死して後は善趣天界に生まれるように』と、
祈祷し、合掌したとするならば、汝はいかに思うか。
この人は、この大勢の祈祷合掌の力によって、
死後、天界に生まれることができるであろうか。」

「大徳よ、いいえ、彼は天界に生まれることはできますまい。」

「部落の長よ、たとえば、ここに一人の人があって、
深き湖の水の中に大きな石を投じたとするがよい。
そのとき、そこに大勢の人々が集まり来て、
『大石よ、浮かびいでよ。浮かび上がって、陸に上れ』、と祈願し、合掌して、
湖のまわりを回ったとするならば、汝はいかに思うか。
その大きな石は、大勢の人々の祈祷合掌の力によって 、
浮かびいでて陸にあがるであろうか。」

「大徳よ、いいえ、大きな石が浮かびいでて陸にあがるはずはありません。」

「たとえば、ここに一人の人があって、
深き湖の水の中に、油のつぼを投じたとするがよい。
そして、つぼは割れ、油は水の面に浮いたとするがよい。
そのとき、大勢の人々が集まり来て、
『油よ沈め、油よ沈め、汝油よ、水の底に下れ』、
と祈りをなし、合掌して、湖の回りを回ったとするならば、汝はいかに思うか。
その油は、人々の合掌祈祷の力によって、沈むであろうか。」

「大徳よ、いいえ、油が水の底に沈むはずはありません。」

「それと同じことである。あらゆる邪悪な業をつんできたものが、
いかに祈祷し合掌したからとて、死後、天界におもむく道理はない。
その人は、身壊れ、命終わりて後は、悪趣地獄に生まれるほかはないのである。」

パーリ原始仏典相応部




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/617-4e29173b