FC2ブログ
2008.08.26 武士道の先に
明治の教育者、新渡戸稲造氏は、国際連盟の事務次長も務めました。

名著「武士道」を英文で紹介し、欧米の人々に感銘を与えたことで知られていますが、
その秘密は、世界に通用する信仰理解であったのです。

氏は敬虔なキリスト教(クウェーカー教)徒でした。

その著書でこう言っています。


人間の闘争本能というものは普遍的で、かつ自然なものであり、
また高尚な感性、男らしい徳目であるとしても、それは人間性のすべてではない。
もっと神々しい本能、すなわち愛するという本能が闘争本能の下にある。
私たちは神道や、孟子、さらに王陽明が明確にそのことを教えていることを見てきた。
しかし、武士道や、戦闘者タイプの道徳は疑いもなく、
直接的な現実の欠くべからざる問題にのみとり組まざるをえなかった。
そのため、しばしばこの愛するという本能の存在を、
正当にとり扱うことを閑却してきたのである。
近年、とみに生活にゆとりが生じてきている。
武士の訴えてきた使命よりも、もっと気高く、
もっと幅広い使命が今日、私たちに要求されている。
広がった人生観、デモクラシーの成長、
他民族、他国民に対する知識の増大とともに、
孔子の仁の思想―あるいは仏教の慈悲の思想もこれに加えるべきか―は、
キリスト教の愛の観念へとつながっていくだろう。
人はもはや臣下以上のものとなり、市民という存在に成長した。
否、人は市民以上のもの、すなわち人間なのである。
現在、戦雲が日本の水平線上に垂れこめている。
だが平和の天使の翼がこれを吹き払ってくれることを信じよう。
世界の歴史は「優しき者は地を嗣がん」という預言を確信しうるものである。


「武士道」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/638-dd68c309