FC2ブログ
2008.09.03 人は変われる
仏道修行に終わりはありません。

一旦この道に入った以上は、いつでも、どこでも修行中の身です。

修行者は、自分のなした行為、発した言葉、思ったことを振り返って反省します。

過ちを発見すれば、すぐに修正を入れる習慣が大切です。

そういうことを何度も何度も繰り返し行っていると、
心に付着した汚れがとれ、魂が清められていくのです。

そして、
神仏の光を受ける、もしくは内から光を発することが出来るようになっていきます。

地味ですが、
絶え間ない努力こそが、非凡なる境地にまで押し上げる原動力となるのです。

人は変わることが出来ます。

個々人のカルマによる傾向性には根深いものがありますが、
これを発見し改善していこう、という強い意思を持つことです。

いつしか、昔とくらべて随分成長したと気づく時がくるでしょう。

幸福感は、自分の霊的な成長を確認できた時に生じます。

仏道修行は、苦しいことばかりではなく、喜びを伴うものなのです。

日々、精進です。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/662-4ae6c55f