FC2ブログ
西洋流の唯物論哲学や新カント派の立場から、
文献学的に仏教を解釈する近代の仏教学は、大きな間違いを犯してしまいました。

最大の罪は、
仏教から、霊的世界や神秘性を剥ぎ取ってしまったことです。

しかし、それも過去の話。

過去の仏典にどう書かれているかは、もはやどうでもいいことです。

何故なら、仏は再び下生して、現在進行形で法を説かれているからです。

仏陀が再誕している以上、
僧侶は、これに帰依するのが義務です。

この事実に気づかないだけならまだしも、
これを愚弄し、批判し、迫害するなどということは、何千年もの悔いを残すことになるでしょう。

近代仏教学の権威である中村元氏は、霊界から、
現代の僧伽に、このようなメッセージを送っているのです。


「お釈迦様が現代日本に転生しているなんて知らなかった。
2千5百年前のインドの方向ばかり見ていて灯台もと暗しでした。
ちょっと残念で、不覚をとった気がする。
自分より若いお釈迦様なんて想像できなかった。」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/666-3316a9fd