FC2ブログ
2008.03.30 供養の意味
供養には意味があるのでしょうか?

お釈迦さまの時代から、先祖供養は行われていました。
それどころか、お釈迦さまは供養を勧めています。

何故なのでしょうか?

それは、供養は、利他行にあたるからです。

仏教には、回向(えこう)という言葉があります。
これは、悟りの功徳を、他に施し、ふりむけることによって、
いい影響を与えることが出来るというものなのです。

ですから、悟りの功徳によって、先祖も喜ぶし、
またそれが善行となり、自分にも益となるからなのです。

実際、原始仏典の「餓鬼事経」というお経には、
仏弟子達により行われる供養によって、救われる霊の話がたくさんでてきます。

悟りには、迷っている霊を救う力があるということなのです。

しかし、まず生きているものから救われていかなければいけません。
迷っているものが、迷っているものを救うことは出来ないのです。

一般的には、
特別に先祖供養をしなくても、
仏法に従って、明るく、健全に精進している姿を
故人に見てもらうことで、それが供養になります。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/67-41d790d5