FC2ブログ
2008.09.06 真理は一つ
医学の研究対象になりつつある臨死体験や、
心理学者の催眠療法による輪廻転生の事実の発見は、
私達に何を問いかけ、どのような宗教的変革を迫っているのでしょうか?

臨死体験研究者の医学博士、マイケル・セイボム氏はこう言っています。


(臨死体験研究者の)ケネス・リングは、
自分のもとに参集した臨死体験者を預言者と考えた。
そして、永遠の命と、神の言葉としての聖書の霊感を得るためには、
イエス・キリストを救い主であり主であると認めなければならない、
といった問題に関する教義的見解を評価する目的で、宗教的信仰調査表を作成した。
この調査表によって得られた結果から、ケネスは、明快な神託を受けた。
臨死体験をすることによって人は、
より伝統的な(キリスト教徒的な)宗教的方向から離れて行くということだ。
ケネスは、次のように結論している。

「この場合、NDE(臨死体験)の重要性は、
単にNDEが霊的成長を促すというだけでなく、
それが促す霊的成長の種類―すなわち宗教的教義の問題―にあるのかもしれない。」

新しい宗教がここで提示された。―この宗教は、
伝統的なキリスト教的観点を包含しながら、それを超越するものとなるだろうし、
ヒンドゥー教や仏教のような東洋的宗教や、
霊的普遍主義への顕著な変移を明示するものとなるだろう。
そして最終的には、われわれを、
『真理のもとに結集するひとつの会衆』としてまとめるものとなるだろう、というわけだ。
このように新しい世界宗教を求める声は、他の臨死研究者から歓迎された。
英国では心理学者のマーゴット・グレイがケネスと同じような主張を展開している。
自ら調べた臨死体験者たちは、すべての宗教は基本的には同じだと信じており、
神学的教義から離れて、より霊的なイデオロギーヘと立場を変えたというのだ。
オハイオ州のマイアミ大学で社会学の教鞭を執るチャールズ・フリンによれば、
自分が調査した臨死体験者たちは、キリスト教の多くの見解を信じているが、
宗教的な派閥主義から離れ、
あらゆる宗教的伝統の価値を是認する普遍的方向に向かっていたという。
また、NDEを扱った本を書いているフィリス・アトウォーターによれば、
自分が調べた臨死体験者の3分の1は、特定の宗教への所属を捨て去るか、
最初から一度も加入したことがないため、多くの人たちはその後、
形而上学的なニューエイジの教会を設立し、
シャーマニズムのような神秘主義や儀式にかかわるようになったという。
また、オーストラリアの研究者シェリー・サザランドによれば、
自ら調査した50人の臨死体験者の間では、教会のような施設による仲介も、
教派や伝統的な教えによる解釈も必要としない、
神や高次の力との直接的接触が進行中であるという。

「続あの世からの帰還」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/676-2e9578e4