FC2ブログ
2008.09.09 愛の力
いろんな教えがありますが、
結局のところは、愛を与えること、愛に生きることが、
私たち人間の最大の幸福なのです。

そして、愛を与えることで、利益を得るのは自分自身です。




多くの科学者たちが、「与える愛」についての研究報告をしています。
科学が我々の直感を何度も検証してくれました。
ステファニー・ブラウンが行った調査では、
人に与えることで死亡率が低下する、ということが明らかになりました。
ニール・クローゼの研究では、人のために祈るだけで、
老人の健康を蝕む害毒をなくせるということが分かりました。
ポール・ウィンクの優れた研究は、与える側に立てば、
50年以上の期間にわたってその人の人生が守られる、と示唆しています。
年齢、経験、人生航路に関係なく、
与えることで精神と肉体が変わる、と科学が教えてくれているのです。
科学者たちは、細胞、分子レベルで研究し、
我々が与えるときにはオキシトシンのようなホルモンの分泌を促し、
深く人を思いやるときには脳のある箇所が活性化すると報告してくれました。
さらに我々は「攻撃と逃避の軸」と正反対の「平穏ときずなの軸」を持つ、
新たな神経回路を証明しつつあります。
「愛ある人生こそが唯一の確かな生き方である」、
と私が常々唱えていることに、科学が確信を与えてくれました。
科学は愛の神秘を直接手で掴むことはできませんが、
「人に与えるならば、我々はおびただしい恩恵を受ける」、
という真実の強力な例証をあげてくれています。
高度な生命体が出現する前の、地球上の一つひとつの細胞のことを考えてみましょう。
それは他の細胞と結合し、協力し合って全く別の多細胞生命体へと進化していきました。
生命の神秘的な多様性と創造性はこの協力関係に起因しています。
昔から宗教が教えているように、善いことをすればあなたの利益となって戻ってきます。
それはすぐにそうなるのではなく、善いことをするたびにそうなるのでもなく、
人生全般においてそうなっていくということです。この点を深く胸に刻んでおいてください。
愛他主義は、愛他の行為それ自体の中で花開き、
健全な社会は与える人たちのネットワークによって築かれます。
どうかあなたの魂の奥深くから与える、ということを楽しんでください。

与えれば、幸福になれます。
与えれば、健康になれます。
与えれば、長寿を全うできます。

スティーブン・ポスト/ジル・ニーマーク「いい人にはいいことが起こる」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/685-b61f8dd1