FC2ブログ
2008.09.10 宗教戦国時代
カルト問題を批判する際に、
宗教そのものを否定するような論調になりがちです。

宗教学者などの論を見ても、ほとんど抜け落ちている観点があります。

それは、憑依現象などの霊的な事実です。

霊能力ばかりを崇拝していると、
自我を肥大させる方向に向かってしまい、悪霊の憑依を受けてしまいます。

結局、波長同通の法則というものがあって、
指導する霊も、同じような傾向のものが集まってくるのです。

そして、悪霊の温床となってしまうのです。

実際に魔の手に落ちている団体も数多くあり、
悪魔崇拝、黒魔術などのオカルト団体もあります。

逆に、唯物論専門の悪魔もいます。

チャネリング系やニューエイジの中にも、
そういうものの支配下に置かれているところもあるようです。

いくら、教義が素晴らしくても、
その教えを信奉する者の行動が、
社会的に是認されないようでは、正しい宗教とは言えません。

暴力や洗脳、犯罪行為など、まともな宗教では絶対に許されません。

愛や法による救済を説く、
神の意を反映した宗教こそ、正しい宗教と言えるのです。

今後は、宗教にも正しいものとそうでないものがある、
ということが知られていくにつれて、宗教を選択する時代になっていくのです。

宗教も淘汰されて、正しいものが生き残っていくべきです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/689-cbc76b85