FC2ブログ
2008.09.12 無限の力
現代の仏陀によるスピリチュアルな助力を得るための方法です。

何と心強いことでしょう。




みなさんの目には見えませんが、
この大宇宙は、素晴らしいエネルギーで満ち溢れています。
それはそれは素晴らしいエネルギーです。
このエネルギーは、物事を発展させる力でもありますし、
人々を幸福にしてやまない力でもあります。
また、創造性に満ちた力でもありますし、愛に満ちた力でもあります。
この目には見えぬ力が、全宇宙に、
パイプや血管のような管で隈なく張り巡らされて、つながっているのです。
そして、その目に見えぬ細い細いパイプは、一人ひとりの心にもつながっています。
水道管が残らず各家庭まで通ってきているように、
各人の心にまで、この大宇宙のエネルギーは押し寄せてきているのです。
このエネルギーの使い方は、ちょうど水道の使い方と同じです。
つまり、「蛇口を回せば水が出るけれども、蛇口を止めれば水は出ない」、
という仕組みになっているのです。蛇口を開く努力というものは二者択一です。
ある種の心の持ち方をすれば、
大宇宙のエネルギーのパイプから愛のエネルギーが溢れ出し、
ある種のものの考え方をすれば、それが止まってしまうのです。
では、いったい、どのような考え方をすればよいのでしょうか。
不思議なことに、自分のためだけに水を出そうとすると、
一時期、出ることはあっても、やがて出なくなって、水は自然に止まってしまうのです。
ところが、他の人々にも水を出す方法を教えてあげると、
汲めども汲めども尽きない井戸の水のように、
エネルギーの泉が滾々と湧いてくるのです。まことに不思議なことです。
ここで私が言いたいことは、簡単なことです。
「あなたの心の波長を根源の神である『主』の波長に合わせたら、
合わせただけ幸福になる」ということです。単にそれだけのことなのです。
「主から発される“電波”があります。この周波数に合わせれば、
その放送電波をキャッチすることができますよ」と述べているのです。
では、主の放送局から流されている電波とは、どのようなものでしょうか。
それは、愛であり、智慧であり、勇気、正義、希望、喜び、自由、平等、公平、進歩です。
そのようなもので満ち満ちているわけです。
そうした波長に、あなたの心を合わせれば、「合わせる」という努力だけで、
無限に光の供給を受けることが可能になってきます。
あなたは、そのコツを手に入れるだけで、
無限の富を得たのとほとんど同じことになるのです。
あなたがたは、まず、心正しい人でなければなりません。
悪を憎み、正義を愛する人でなくてはなりません。
また、「愛というものが普遍的なるものであり、地上最大の価値を持つものである」、
ということを知らねばなりません。
それから、「富というものが、この地上の繁栄のために現れているのだ」、
ということを肯定しなくてはなりません。
さらに、「人類すべてが幸福になっていくことが、
自分自身の幸福を増幅させていくための基礎となっている」、
ということを知らねばなりません。
そして、あなたがたは、もっと、
「公的なる生きがい」というものに目覚めなければなりません。
自分一人の小さな殻に閉じこもっているのみならず、
多くの人々と共に幸福な社会を築いていこうとする精神態度を、
かたちづくっていかねばなりません。
ユートピアを願う人々が集まってこそ、ユートピアはでき上がっていくのです。
「さあ、心を開け。主のエネルギーを受け止めよ。主の理想をそのままに受け止めよ。
人間心で妨げることなく、主のエネルギーを受け止めよ」それが大事なのです。
主の力を授かりたくば、純粋なる心で、屈託のない心で祈ることです。
心のなかの邪心を取り払って、ひたすらに主に祈ることです。

主よ
あなたの持っておられる
その大海原のような智慧の一雫を
私にお与えください

主よ
あなたの持っておられる
その大海原のような愛の一雫を
私にお与えください

主よ
あなたの持っておられる
その大海原のような富の一雫を
私にお与えください

主よ
あなたの持っておられる
その大海原のような慈悲の一雫を
私にお与えください

このように祈ればよいのです。主は無限の存在です。
すべてのものを可能にしていく力です。
あなたの悩みなど、主の一雫の力によって解決されていくものなのです。
そして、その主への願いを聞き届けるために、
数多くの光の天使たちが、あの世の実在界においても働いています。
また地上界においても働いています。
あなたが主に祈ることによって、
地上に出でたる光の天使があなたを助けにやってきますし、
また、実在界にある光の天使も、その仕事を開始するようになってくるのです。





クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/694-9ab2fd42