FC2ブログ
2008.09.15 ユングとUFO
霊能者でもあったユングは、
あくまでも学者としての立場を守りつつ、様々な不思議について言及しています。

一般的には、
ユングは、「UFO」を投影された心的現象としたとされていますが、
晩年には、それが実在する可能性について認めているのです。


同時代の出来事について、その意味するところを正確に見きわめるのはむずかしい。
判断が主観的なものを一歩も出ない恐れが多分にある。
だから私がいま、現代のある出来事について、
いかにそれが重要に思えるからといって、
辛抱づよく聴いて下さる人たちに私見を述べようとする大胆さは、十分承知している。
出来事というのは、世界の隅々から寄せられるあの円い物体にまつわる噂である。
それは対流圏も成層圏も駆けぬけて、
「ソーサー、皿、スクープ、ディスク、UFO」などと呼ばれている。
そのような物体の噂ないしは実在は、
いまも言うように私には極めて重大なことと思われてならない。
だから、私の声の及ぶかぎりの人にだけでも、
ひとつの時代の終わりにふさわしい出来事が、
人類を待ち構えていることを覚信していただければそれで良い。

もしUFOが現実のものであるなら、
―ごく普通に考えてこれ以上疑う余地はなさそうである―、
それは無重力のものかそれとも心的なものか、仮定はこの二つしかありえないが、
私にはいずれとも決定できない。
ここで私には、第三の可能性―もとよりあらゆる必要な条件つきだが―が、
あるように思える。すなわち、UFOは実際的に物質的な現象であり、
未知の性状をもった存在なのである。


「空飛ぶ円盤」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/704-8fdc577a