FC2ブログ
2008.03.31 光明荘厳
光明荘厳。 

あまり聞き慣れない言葉であります。

これは、現代の仏陀が、
仏教に古くからある、三法印に追加されたものなのです。

仏教の三法印とは何か?

それは、

諸行無常(この世の森羅万象は移り変わる)
諸法無我(宇宙の万物は仏に包括され、個別存在ではない)
涅槃寂静(霊的覚醒を伴う悟りの境地は精妙である)

の三つであります。

これは、どんな仏教でも基本に据えておかねばならないというものです。
逆にこれを外せば、仏教ではなくなるのです。

しかし、

この三法印だけでは、
仏教は、厭世的で、消極的な教えだと誤解されかねない。

そこで、

あの世の仏国土は素晴らしい世界なのですが、この世にも仏国土建設を実現させる、

この世の一切衆生には、仏の叡智が宿っているが、
その光を、悟りの力で増幅させ、よりこの世を荘厳していく、

この世は美しく、素晴らしい、

政治、経済、科学技術にも神の意志は働いており、

この世とあの世をつらぬく幸福を説いて、この世を良くしていく、

光明荘厳とは、そういったことの象徴的表現であり、
発展的で積極的な意味合いのある言葉なのです。

これを足して、仏教の四法印とする。

ニューエイジ時代にふさわしい仏法のあり方です。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/71-be256071