FC2ブログ
現代の仏陀が、未来社会への方向性を示してくださっています。

神仏の視点から見たその鳥瞰図は、明快です。




日本では、1991年ごろに、「バブル崩壊」ということが言われました。
しかし、ほんとうは、「バブルが弾けた」ということではなく、
「いま、日本のなかにある社会主義体制が崩壊過程にある」ということなのです。
社会主義の総本家であるソ連が崩壊し、日本のほうにも、やっと、
その流れが来ているのですが、マスコミ人や学者のなかには、
マルクス主義経済学の洗礼を受けた人が多く、
「バブルが弾けた。バブルが崩壊したのだ」、
という理解をしている人がまだたくさんいます。
ほんとうはそうではなく、いま、
日本のなかにある社会主義が崩壊しようとしているのです。
そう考えると、これからの日本がどうなるかは見えます。
未来がさっぱり分からないのは、
マルクス主義の洗礼を受けた思想家や学者たちです。
彼らは、「日本は、このあと、社会主義、共産主義に移行しなければいけないはずだ」、
と考えているのですが、そちらのほうが潰れているため、
行き先がなくて困っているのです。 
マルクス主義の立場から、「資本主義が崩壊した」と考えると、
先が分からず、どうしたらよいか分からないわけです。
ほんとうは、資本主義が崩壊したのではなく、
「日本のなかにあった社会主義が、いま崩壊しようとしている」ということなのです。
ただ、それには時間がかかっていて、まだ終わっていません。
もう少し時間がかかるでしょう。
それが終わると、すべてのものをもっと自由に取引できる世界がやってきます。
「いま、外資がどんどん日本に入ってきている」ということも、ある意味でよいことです。
これは、「占領されている」ということでもあり、
第二の敗戦といえばそのとおりなのですが、
それによって考え方の間違いを指摘してもらっているのです。
ほんとうの資本主義の市場経済がつくられるために、外資が入ってきているといえます。
このように考えると、
「これからの10年、20年がどうなるか」ということは、ほぼ読めます。
そういう方向に動いていくわけです。
その意味では、企業の経営者は、自立した頭脳を持った人でなければいけませんし、
国家を頼りにしていてはいけません。
「お上を頼りにする」という意識は、日本人が江戸時代から引きずっている意識ですが、
この意識を持っているところは滅びます。
「お上を頼りにしている。お上に補助してもらう。お上に保護してもらう」、
という産業は、次々と滅びていきます。
法律に護られて独占的に仕事をしているところは次々と潰れていくのです。
「保護をなくして、放し飼い、自由競争にする。そして、サービス合戦をした結果、
顧客のニーズを満たすことができたところのみが生き残り、繁栄・発展する」、
という未来が見えるわけです。
いま、社会が変わっていこうとしています。そのため、
「未来の社会が、どのような方向に流れていくのか」ということをよくよく見ていかないと、
個人としてはよい人であっても、時代の波に翻弄されて、地獄を見ることがあります。
たとえば、ある人が小さな会社の経営者をしていて、従業員が五人ぐらいいるとします。
そして、その会社では、理想的な経営がなされていて、
従業員たちは、みな朗らかで、明るく元気で幸福に生きているとします。
ところが、社会のシステムが、がらっと変わっていくときに、
経営者が、それを見抜けなかったら、その会社はたちまち独立企業から下請けに回され、
次に潰されてしまうでしょう。その結果、
「夜逃げをする」「一家離散になる」「離婚をする」「子供が学校へ行けなくなる」など、
いろいろと不幸なことが起きてきます。
そうすると、その経営者は、『旧約聖書』のヨブのように、
「なぜ、こんなことになるのだ。私は、あんなに一生懸命やっていたではないか」と、
神を恨みたくなるかもしれません。
しかし、それは、もう一つの部分として、時代を読む目が足りなかったからなのです。
したがって、時代を読む目を持ち、「西洋的には神、東洋的には仏の大きな考えが、
どのような世界を到来させようとしているのか」というところを見ていなければなりません。
そこを見ずに、個人だけで考えて完結していても駄目なのです。
「仏神が、大きな社会をどのような方向に持っていこうとしているのか」という、
マクロ的(巨視的)な流れを知り、その流れのなかに参画しながら、
個人として努力していくことが大事です。
そのように、「先見性を持って時代の流れを読んでいく」ということは、
非常に大事なことであると知っていただきたいのです。
「世界はどう動いていくのか」という、時代の流れ、
時代の方向性を見抜かなければいけません。
それが、大きな構造変化を通して未来をつくっているのです。
そのことを知り、考える必要があります。
時代の流れを、過去からも未来からも照らして鳥瞰する必要があるのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/711-197011b7