FC2ブログ
2008.09.23 三大誤導思想
人類が迷妄、無明から目覚めるためには、
過てる思想、常識を捨て、白紙の状態にしてから、
真理の光に照らして世界を見ていかなければなりません。

そろそろ、20世紀の退廃的な思想から脱却するべき時に来ています。


マルクスやエンゲルスがダーウィンを救世主のごとく大歓迎したのはよく知られている。
ダーウィン自身は、その書いたものを読んでみればわかる通り、
絶対の自信があるわけではなく、自説の難点をよく承知していて、
むしろ蛮勇をふるってものを言っているようなところがある。
これを絶対の「科学」として祭り上げたのは、
利用価値をそこに見出だした追随者たちである。
たとえばエンゲルスは次のように書く。

自然は弁証法の検証である、そして近代の自然科学のためにいうならば、
自然科学は極めて豊富にして日々目撃する材料を提供して次のことを検証している。
すなわち、自然は結局においては形而上学的にではなく、弁証法的に動くものである、
それは不断の循環運動をいつも同じように繰り返さない一つの現実の歴史なのである。
この点で誰よりも先にあげられるべき名はダーウィンである。
彼は、今日の一切の有機的自然、すなわち植物も動物も、したがってまた人間も、
幾百万年にわたるたえまない進化の過程の産物であることを証明し、
それによって自然についての形而上学的見方に強烈な打撃を与えた。

同様に、フロイトもダーウィンを大歓迎した。
ダーウィニズム、マルクシズム、フロイディズム、この三者が類縁者、というより、
むしろ兄弟であることは、今ようやく目覚めつつあるわれわれからみれば明らかである。
闘争、反抗、排除、自己主張、
そういったものがこの三つの思想に共通するキーワードである。
そういった性質はすべて物質、あるいはせいぜい下等動物の属性であり、
これは世界を物質あるいは機械として捉える世界観からしか出てこないものである。
人間に対する侮辱ではないか、という非難に対しては、
どんなにつらかろうとこれがこの世の法則なのだから仕方なかろう、
と答える点でも三者は同じである。
自己中心的に(すなわち「煩悩」を中心として)世界を見る者には、
世界は見る人間に合わせた小さな姿をしか現さない。
この世の実相は結局、色と欲と喧嘩なのだと思い込んだ人間は、
世界のすべての事象を、色と欲と喧嘩として実証する、
非の打ちどころのない大論文をいくらでも書くことができよう。
私はこの三つの思想を現代の三大誤導思想であったと言ってよいと思う。
仮にもっぱらこの三つの思想によって子供を教育することを考えてみよう。
この子が不良にならなければ奇蹟である。
その子にはこう教える、―人間は何ら自らの根拠というものをもたぬ存在で、
「原始スープ」ないし下等動物から(ちょうど泥沼からメタンガスが発生するように)、
発生してきたにすぎず、歴史はもっぱら生存闘争と階級闘争によってつくられるもので、
暴力革命によらなければ前進も改善もできないのであり、
宗教は幻想、芸術は性欲の変形、
良心は「超自我」という黙契による社会の自動安全装置にすぎない・・・。

渡辺久義「意識の再編」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/732-c852a7fb