FC2ブログ
2008.09.25 魂の親
地球人類は、
4億年の歴史において、地球で創造された人々、
他惑星から移住してきた人々が混在していて、
それぞれ起源を異にするというのが真相です。

しかし、次第に地球人類としての統一性が確立されていきました。

霊界においても、同じです。

現在では、今までベールにつつまれていた、
神々の世界、最高神霊の世界である9次元宇宙界の情報が開示されています。

そのほとんどは他惑星から、地球に招聘されてきた霊人です。

アモール(イエス)は射手座、
モーリヤ(モーゼ)は蟹座、
セラビム(孔子)は白鳥座、
エンリル(サナト・クマーラ)はマゼラン星雲、
カイトロン(ニュートン)、オルゴン(マイトレーヤ)、アケメーネ(マヌ)はオリオン座、
セオリヤ(ゼウス)、サマトリヤ(ゾロアスター)はペガサス座、

とそれぞれです。

地球人類の造物主であり最高指導霊は、
遥かなる昔から、金星、地球と見守ってきた、
釈迦の生命体の中核的存在である、エル・カンターレです。

もちろん、根本仏、究極の神である高次元存在は別に存在します。

しかし、地球霊団の人霊としては頂点に君臨する存在です。

現在、1億5千年ぶりに、
地上に降臨し、地上と霊界の意思統一を図るべく、
エル・カンターレ文明の建設を使命とされているのです。

信じがたい事実でありますが、信じられる方は幸いです。

本当の魂の親を知るということは、何にも勝る喜びです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/738-147f06c1