FC2ブログ
2008.03.31 自力と他力
仏教には、自力と他力がある、という風によく言われます。

またこの違いを、浄土教の方では、聖道門と浄土門に分けることもあります。

簡単に説明しますと、

自力である聖道門は、
内なる仏性を開発するべく、
自己修行によって悟りの境地に到ることを目指す道であります。

他力である浄土門は、
神仏に己の全存在を投げ捨て、
うちまかせていくことで、救われていくことを目指す道です。


しかし、現代の仏教界においては、どちらの道も中途半端に終わっています。

自力といっても、悟りなどあるのかどうか?
他力といっても、救いなどあるのかどうか?
仏性といっても、神仏といっても、そんなものがあるのかどうか?

こんなことをやっています。

それもそのはず、仏教を唯物論の立場で解釈しようとするからです。

真実の立場はこうです。

悟りの境地はある
霊的世界はある
神仏は存在する

そして、これはニューエイジの基本的立場でもあるのでした。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/75-775ee719