FC2ブログ
2008.10.02 何を守る?
徴兵制度は、
軍事技術が自動化・高度化・ハイテク化・専門化してきたため、
1~3年という徴兵期間での訓練では使いものにならず、
近代戦には不向きとなり、多くの国がこれを廃止する傾向にあります。

現在では、軍を保持している世界の170ヶ国中、
ドイツ、スウェーデン、デンマーク、オーストリア、
フィンランド、ノルウェー、スイス、ロシア、大韓民国、
朝鮮民主主義人民共和国、イスラエル(女性も)、トルコ、台湾、
エジプト、シンガポール、ポーランド、カンボジア、ベトナム、タイ、
マレーシア(女性も)、中華人民共和国(実質なし)、
アルジェリア、キューバ、ギリシャなどの、
67ヶ国で採用されているようです。

兵役制度がある国家のほとんどでは、
良心的兵役拒否権が合法的に認められ、
介護や医療、救急などの代替役務が制度化されているのです。

いずれにせよ、徴兵制度から職業軍人の時代へと移行しつつあるようです。

軍人は、国防という重要な役割を担った尊敬されるべき職業だと思います。

平和と正義を守るための、軍道精神なるものが確立されてほしいものです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/765-f292ac68