FC2ブログ
「経営」という言葉は、仏教用語に由来があります。

岩波書店の「広辞苑」には、

『力を尽くして物事を営むこと。
―偏に後生菩提の経営を(太平記)―』

『あれこれと世話や準備をすること。
―房主の僧、思い懸けずと云いて経営す(今昔物語集)―』

とあります。

つまり、
どう、人生を営なみ、死後も含めて幸福になっていくか、
自分や他人、社会をどう生かしていくか、
ということに関して、創意工夫、努力をすることに他なりません。

「経営」とは、
現状を維持することや、私利私欲や利潤を追求する、
ことを意味してはいないのです。

これからの「経営」には、
本来の仏教精神である自利利他行が、求められているのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/770-ebeffa18