FC2ブログ
信仰という言葉が、現代のように定着するまでに、

どれほどの、血と汗と涙が流されてきたことでしょう?

宗教者の命がけの伝道活動の賜物です。

ソクラテス、洗礼者ヨハネ、イエス、パウロ、マニ、トマス・モア、目連尊者。

無数の聖者たちが、真理の為に殉教しています。

彼らを突き動かした聖なる衝動とは、一体何なのでしょうか?

真理を知った喜びを、他の人にも味わってもらいたいという愛であり、

永遠のいのちを得たという確信であり、

神の使者として自覚であります。

伝道は最も尊い行為です。

一人ひとりが真理に目覚めることで、世界は救われていくのです。

愛というものは、与えると減るものではありません。

それどころか、与えれば与えるほど得ることが出来るのです。

それゆえ伝道は、愛の具現化なのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/776-5a128340