FC2ブログ
2008.10.06 絶対の真理
シュタイナーは、
霊視によってアカシックレコードと呼ばれる、
人類の歴史のビジョンを解読することが出来ました。

その情報には、
宗教は一つであるという偉大なる真実が示されています。

このように講義で語っています。




ニルマーナカーヤの仏陀はイエスの上に光輝き、
洗礼者ヨハネの口をとおして説法をつづけます。
洗礼者ヨハネの語ることは、仏陀の霊感から発しているのです。
この、時代の転換期に生じたことをとおして、
諸宗教の一致と人類への霊的告知がひとつであることが理解できます。
伝統に固執せずに、実際に仏陀が語ったことを傾聴することによって、
仏陀の本質を知ることができます。
紀元前6世紀から5世紀にかけて、仏陀はベナレスで教えを説きました。
けれども、それ以後、仏陀は黙しているのではありません。
仏陀はニルマーナカーヤをとおして霊感を、語りつづけるのです。
仏滅後6世紀を経て、洗礼者ヨハネの口をとおして、
仏陀の言葉を、わたしたちは聞きます。
このように、宗教はひとつなのです。
わたしたちはそれぞれの宗教を、
人類の進化の経過のなかの正しい位置において考察し、
それぞれの宗教のなかに、死んだものではなく、
生きたものを探究しなければなりません。
すべては発展しつづけます。
このことを理解し、把握しなければなりません。

「仏教の霊統が有機的にキリスト数の教義のなかに入っているのなら、
どうして、キリスト教においては輪廻と業について語られていないのか。」と、
問う人がいるかもしれません。
福音書のなかに業の法則について書かれているところがないというのは、
たんなる誤解にすぎません。
ルカ福音書は、業の法則について書いているのです。
ものごとを正しく理解するためには、
人間の魂の要求は時代によって異なっていることを知らねばなりません。
世界進化の偉大な伝導者たちは、つねに絶対の真理を抽象的な形で、
人々に伝えるという任務を持っているのではありません。
抽象的な形で告げられた絶対的な真理は、
さまざまな発展段階にある人間には理解できません。
偉大な伝道者たちは、
それぞれの時代にふさわしい形で真理を告げねばならないのです。
偉大な仏陀によって人類が得たもののなかに、
慈悲と愛に関する叡智のすべてがふくまれています。
その教えは八正道としてあらわされており、カルマの理解に導きます。


「ルカ福音書講義」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/778-9dedd546