FC2ブログ
2008.10.12 四法印
現代の仏陀が新たなる法印を開示された説法です。

まさに、直説金口であります。




しかし、見よ。
あなた方の同輩たちの愚かなることを―。
諸行が無常であることが、
まだわからぬか。
あなた方は、肉体という、
仮の姿に宿っているだけであるということが、
まだわからぬか。
この地上にあり、生きているものすべてが、
移ろいゆくものであることが、
まだわからぬか。
物質など、本来、姿形なきものであることが、
まだわからぬか。
その、時間の法が、諸行無常の法が、
二千六百年経って、まだわからぬか。

そして、諸法は無我であると、
私は同じく、あなた方に説いたはずである。
あなた方一人びとりは、個性ある魂のように見え、
あなた方の目に映るあらゆるものは、個別に見え、
各人が、それぞれの意志において生命を得ているかに見えて、
その実、宇宙の理法はただ一つであり、
すべては神の光から現われたるものである。
地にある人間も、動物も、植物も、鉱物も、
そして、この地を去りたるところにある霊存在も、
これらはすべて、一切は空である。
すべては空であり、
すべては神の光によってのみ存在しているのだ。
これを諸法無我という。

そして、われ、第三に説きたるは、
永遠の時間のなかにおける諸行無常と、
宇宙を貫く、縦の時間・空間を貫く軸のなかにおける諸法無我の、
この交わるところに、
永遠の生命が生きているということなのだ。
その真実を知ったときに、
あなた方は、この地上において、
生命ある身でありながら、
すでに涅槃に入ったのである。
すでに永遠の生命を得たのである。
すでにこの地上にて解脱したのである。
この第三の法門を、涅槃寂静の法門という。

諸行無常、
諸法無我、
涅槃寂静、
これが、
仏の説く法の印である三法印というものである。
記憶せよ。

しかし―しかし、しかし、しかし、しかし、
新世界の建設を担うべきあなた方に、
要請されている法門が、いま一つある。
光明荘厳の法門である。
涅槃寂静の、己れひとりの解脱をもって、
今世の修行としてはならぬ。
その身そのままが、
神仏よりいただいたる仏性を宿しているのであるならば、
この穢れたる、物質に覆われたる三次元の世界にあって、
光明を放て。
荘厳たる光明を放て。
この光明荘厳の法門を加えて、
私は、如来の四法印としよう。

よいか、よいか、よいか、よいか。
この世は、一時期の仮の宿りである。
仮の宿りではあるが、
この地上もまた、
永遠の仏陀のしろしめす地である。
わが統べる国である。
この地上を、光で満たすのだ。
悟りを開け。
そのときに、あなた方のその姿から、
荘厳たる光明が溢れくるであろう。





クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/804-ab1f6a53