FC2ブログ
現代の仏陀が、日本の使命について説かれています。

この地に生まれあわせている人は、幸いです。


アトランティスからエジプト、ギリシャ、ローマ、それからフランス、ドイツ、
イギリス、アメリカヘと渡った文明―アトランテイス発祥の、この西洋型文明。
また、東洋へと向かっていった文明。
この両者が、地球をそれぞれに半周して、
東の国である日本という小さな島国を、新しい霊的磁場として選んだのです。
すなわち、過去の歴史においては、押し寄せてきた波の終着点として、
未来に向かっては、その発進点として、この小さな日本を選んだということです。
そのように、過去の二つの文明、西と東の文明の潮流が合流するところ、
そしてまた、世界に対して新たな文明を発進するところ、
それがこの日本という国の持つ現時点での意味です。
それは決して、民族主義的な考え方でも、国粋主義的な考え方でもありません。
過去の霊文明の歴史的な流れの必然としての最終点が、いま現われているのであり、
また、新しい文明の出発点が現われているということなのです。
私たちは、そのような歴史的遺産を背負った誇り高い魂として、
数多く現代に集っています。
かつてのアトランティスの人、エジプトの人、ギリシャの人、インドの人、
そういう人たちは、いま日本人として名前を持っているみなさんなのです。
そうした深い霊文明のなかに幾転生を経て、現在のみなさんがあるのです。
みなさんの魂には、生まれてからの数十年という時間に対する責任のみならず、
過去、数千年、数万年、
あるいはもっと逢かな昔から転生して担ってきた偉大なる責任があるのです。
それをよくよく自覚していただきたいと思うのです。
自分ひとりの小さな幸せではだめです。
今みなさんがいる小さな地域での幸せでもだめです。
所属している企業での幸せでもだめです。
もっともっと大きな責任をいま担っているのだ、ということを知っていただきたいのです。
歴史は、この二十世紀の末を境に、一つの文明が終わりを迎えます。
そして、一つの文明の終わりに際して、
私たちは、次なる文明への橋渡しをしようとしています。
そのときに私たちがなすべきこととは、いったい何でしょうか。
それは、過去の文明―アトランティスの文明やエジプトの文明、
ギリシャの文明、それから西洋文明、インドの文明、そのようなものが、
みな、いったい何を根拠として栄えたのか、それを思い出すことです。
すべては、みなさんがかつて霊天上界において経験した理想郷を、
地上に降ろそうとする動きなのです。
それはそうです。
永遠の転生をくり返しながら、そのたびに、魂が堕落したり、
そのあり方を低次なものに変えていくようであっては、幸福なはずがありません。
生まれるたびに、そのつど新しい知識と経験を得て、新しい悟りを開き、
いっそうの輝きを増して還ってくる―そうであってこそ、地球というこの生命の場において、
みなさんが何度も何度も転生している意味があるのです。
もし生まれてくるたびに魂が悪くなっていくとしたら、
たいへんなことですし、私もそうは思っていません。
しかしながら、現時点での問題は、
今この地球という小さな球体に住んでいる生命たちが、
特に人類が、過去なかったほどのあまりにも大きな人数になっているということです。
五十数億という人数になっています。
これは、かつてなかったほどの人口規模です。
いま人口が増えている理由の一つは、実は、他の天体から、
新しい魂が数多くこの地球に移住してきているということなのです。
今世紀になってから、かなり増えています。
他の惑星で生きていた人が、魂として数多く地球に来て、
地球の人間として初めて肉体を持っている―そういう方が数多くいるのです。
過去の文化という遺産を持っていない方が、かなり来ていて、
そのため地上が混乱しているのです。
それゆえに、この地球の歴史に責任を持ってきた人たちは、
その伝統ある魂のあり方と教育の仕方を、
いま生きている人たちに伝えていかねばならないのです。
新しい地球的なる正法が、正しい法が説かれるべき時が来ています。
地球規模で、人類がひとつとなって新しい目標に向かっていくべき時が来ているのです。





クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/816-4095feb2