FC2ブログ
2008.04.02 僧侶の仕事
いつのまにか霊力を失い、
人生論すら語れなくなった僧侶は、
スピリチュアル批判をしている場合ではありません。

仏教は無自性空を説くのであり、実体的な霊魂などなく、
無に帰するという無常なる事実を教えるのだ、などといってる人は仏教徒ではありません。

これからの厳しい時代に、僧侶に出来る事を考えてみました。

・正しい霊的知識を持ち、葬儀、法事、供養を勤修する。
・魂の永遠性と輪廻転生、神仏の慈愛の真実を説く。
・終末期医療などに、宗教者として従事する。
・慈善活動、社会啓蒙活動、ボランティアを行い、国民の倫理道徳の向上に尽くす。
・霊性文明の樹立、仏国土建設運動に参画する。
・宗教、宗派の違いにこだわらず、連帯する。
・人々の霊障などの霊的問題の悩みに対応する。
・この世とあの世の人々の幸福を願い、そのために行動する。

今のままでは、お坊さんは浮いた存在で、馬鹿にされたままです。

私も、精進します。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/82-f79188d0