FC2ブログ
2008.10.24 国民精神
古代ギリシャの哲学者ソクラテスは、
超絶主義者エマソンとして19世紀のアメリカに転生し、
自由と信仰、発展を鼓舞し、古き良き時代のアメリカ精神の主柱となりました。

そのアメリカも、凋落の色を濃くしている昨今、
世界の警察を放棄する日も近いのかもしれません。

いよいよ、わが国も独立する気概を持つべきです。

エマソンは講演で、このように国民に語りかけています。




われわれは、ヨーロッパのしとやかな詩神に、ずいぶん長い間、耳を傾けてきました。
アメリカの自由人の精神は、すでに小心で模倣的で弱気なものと思われています。
公私ともに見られる貧欲は、見苦しいほど不愉快な空気をつくっています。
学者は、上品で怠惰でいんぎんです。
すでに悲劇的な結末が生じているのをご覧なさい。
この国の精神は、賤しいものに向って進むように教えられていて、
自分自身を食むという始末です。
お行儀のよい者、いんぎんな者だけに、仕事が与えられます。
有為の青年でわが国土に生をうけ、山間の風に吹かれ、
神につくられた星の輝きをうけた人びとは、
人間の世界がこれら自然界と調和していないのを知ります。
彼らは、また、実業界を動かしている原理を見て、嫌悪の情にかられ、
その行動を阻められ、つまらない労役者になり果てるか、
あるいは、嫌悪のあまり死にます。
ある者は自殺さえします。どういう対策があるでしょう。
もし一個の人間が、断乎として自分の直感を根拠として、
これを守れば、巨大な世界が彼の方に進み寄ってくる、ということを、
この青年たちはまだ知りませんし、彼らと同様に、有望な多くの青年にして、
就職難という障壁に現在逢会している人びとも、このことを知りません。
忍耐―善良な、偉大な人びとの霊を友として、忍耐しなくてはなりません。
慰めとしては、前途に無限の生命があります。
為すべき仕事は、原理を研究し、これを伝え、
この直感を世にひろめ、世界を改変することです。
はなはだ不面目ながら、われわれは一個の人間、一つの人格と見なされないで、
人類が創造されたのは、各人がその独特の果実を結ぶためであるのに、
そうとは考えられないで、十把一からげに、
所属の党や分派の百人千人と一緒に数えられています。
そして、われわれの意見は、地理的に、北部のもの、南部のものと決められています。
諸君―これではいけません。
われわれの意見が、このようなものであってはなりません。
自分の足で歩み、自分の手で働き、自分の心で語りましょう。
文学の研究は、もはや憐憫、逡巡、沈溺の別名であってはなりません。
人を畏れ、人を愛することにより、すべての人をまもる垣を造り、
すべての人を喜ばせる花環を造らなければなりません。
国民とは、各人が、すべての人びとに霊感を与える「神の霊」によって、
自分もまた霊感を与えられると信じて、初めて存在するものです。


「アメリカの学者」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/875-bb4c0214