FC2ブログ
2008.10.29 宗教者として
日本の仏教者のなかに、
霊魂否定論者の多いことには、ほとほと呆れてしまいます。

無常だ、実体など無い、空だ、などと言いながらも、
肉体の欲望や世俗の楽しみの追求には余念がないところを見ると、
物質だけは実体視しているようです。

まさに、神をも恐れぬ単なる唯物論者です。

そのような僧侶に、ターミナルケアやスピリチュアルケアなど望むべくもありません。

霊魂を否定する僧侶は、宗教者ではないのです。

今求められているのは、江原氏のような魂を語れる本当の宗教者です。

仏説を信じず、信仰を否定し、霊を嘲笑し、輪廻や地獄極楽を合理化する現代の僧侶。

この存在が、仏教衰退の元凶です。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/889-2aab59b7