FC2ブログ
2008.04.03 不屈の鑑真
奈良時代。
東大寺の盧遮那大仏の前で、聖武天皇に大乗戒を授けたのが、鑑真です。

鑑真は、唐の南山律宗の継承者で、日本に律宗を伝えた僧です。

律宗は、現在ではあまりなじみがありませんが、
当時の唐では、一大勢力を誇っていました。

律宗というのは、僧侶が守るべき戒律を伝承し、研究する宗派です。

仏教では、僧侶に成る際には、
師より受戒を授かり、誓いを立てなければいけません。

また、宗教的には、戒律を守ることによって、
その修行者には、戒体と呼ばれる霊的な力が備わり、
悪をよせつけないという益があります。


当時の日本には、戒を授けることの出来る僧がいなかったので、
唐から、正式な受戒制度を輸入するべく、鑑真が招かれたのです。

鑑真は、五回の渡航の失敗で、失明しながらも、ついに来日を果たしました。
そしてその後は、唐に帰ることなくそのまま、日本の唐招提寺で亡くなります。

鑑真は、彫刻などの芸術、薬草などの医学にも造詣も深く、これらも日本に伝えたり、
悲田院などで貧民救済事業もおこないました。

鑑真の仏法護持に対する情熱には心を打たれます。

驚くべきことに、鑑真は、
その後、ミケランジェロ、ピカソとして転生した芸術家の魂であるとのことです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/90-40767e6b