FC2ブログ
2008.11.07 多神信仰
現代の僧侶は、仏教だけは唯一、神を説かない宗教であるとしたり顔でいう。

そして、一神教を、神が天地や人間を創造したなど非科学的だと批判する。

学者達も、仏教のみが合理的な宗教だと自慢げである。

あまりにもお粗末である。

神など存在しない、ということはどういうことだろうか?

すべては偶然に帰され、あらゆる神秘は人間知性によって暴露される。

脳を離れたところに、意味や価値を認めないということである。

神を否定するということは、唯物論を支持するということと同じ。

神を否定するということは、宗教を否定することにもなろう。

仏教は、無神論や唯物論などとは断じて相容れない。

そのような軽薄な思想が、何千年にもわたって、人々の救いとなれるはずはない。

仏教は神を説かないというのは、悪質な印象操作である。

事実は、仏教は多神信仰である。

仏陀は、創造神についても人格神についても、それ以上の存在についてさえ言及している。

そして、仏教では、神々や諸菩薩や如来、天部などの霊存在も信仰の対象となる。

同じ意味では、一神教といえども、実は多神を認めていることになる。

神の下には、天使や聖霊がたくさん鎮座しているのである。

一神教の開祖達が神と呼ぶ存在は、人格を持った神であった。

究極の神が、人間に啓示を与えることなどありえない。

それをしているのは、人格神か地球意識レベルの霊体である。

そして、創造神といえども、究極の神ではない。

創造神もまた、創られた存在である。

究極の神、絶対神は、人間の理解を超えている。

だから、仏陀は、外に神を探すよりも、内面の神性を開発せよと説いたのだ。

即ち、多神こそ霊的世界の真実である。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/914-4b87ecaf