FC2ブログ
2008.04.03 三大霊訓
三大霊訓と言われる書物があります。

これは、霊人からのメッセージであるのですが、
数ある霊界通信ものの中でも、
その語られる内容が、高度な教えを示している三冊です。

アラン・カルデック著『霊の書』、

アラン・カルデックは、フランスの教育者、哲学者であり、
スイスの教育家ペスタロッチの弟子としても有名です。
この『霊の書』は、特にブラジルにおいてバイブルとされており、
その信者は、二千万人になるとも、言われています。

指導霊には、ヨハネ、パウロ、ソクラテス、
プラトン、スウェーデンボルグなどが名を連ね、 
輪廻転生の教義が中心に説かれているのが特徴です。

モーリス・バーバネル著『シルバー・バーチの霊言』

イギリス人青年、モーリス・バーバネルに、
霊媒現象が起きるようになり、
当時の著名なジャーナリストのハンネン・スワッファーによって、
サークルが開かれ、そこで記録されたものです。

指導霊は、古代インディアンのシルバーバーチだとされていますが、
その霊人の、正式な名前は明らかにされていないようです。

ステイントン・モーゼス著『霊訓』

ウィリアム・ステイントン・モーゼスは、英国国教会の牧師です。
その牧師に、インペレーターという指導霊から通信が送られてきます。

インペレーターの後ろの霊界側には、50人ほどの霊団を組織して、
計画的に通信を送ってきたようです。霊人の名前は明らかにされていません。

この『霊訓』の特徴は、霊人の送ってくる通信内容が、
モーゼスの牧師としての信仰とあまりにもかけ離れていた為、
不信感を持ち、霊人と徹底的な討論をしているところです。



それぞれに特徴はありますが、その高次な内容から見て、
霊的世界を世に知らせるための、霊界の計画であることは間違いのないようです。

二千年前に、キリストや仏陀におきたことは、現代にもおき続けているのです。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/94-5fdad9a8