FC2ブログ
2008.11.17 死後存続
死後存続の証拠は、実はたくさん存在します。

科学的には説明がつかなくても、
現象の存在は確認されうる、という事象はたくさんあります。

例えば、
電子機器を使った死者とのトランスコミュニケーションの研究では、
真剣な研究者達が、何十年にもわたって実験結果を積み重ねています。

その研究者の数は拡大しており、現在は2万人にも及ぶと推定されています。

その他にも、臨死体験に関わる臨床研究でも、
着実に死後存続の証拠は集められています。

死後存続が科学的に認められるような、スピリチュアルの夜明けはいつになるのでしょうか?




感覚‐還元主義的経験主義(感覚器官を通して得られる情報のみが真実であり、
直接観察できない対象は観察可能なものに還元されないかぎり、
科学には持ち込むべきでない、そして、知識の源泉はもっぱら感覚的経験にあるとする、
近代科学を支えてきた立場)は、西洋社会のほとんどすべての部分に影響を及ぼしている。
デイヴィット・フォンタナは、
徹底的な研究を元に著した『死後の世界は存在するか?』のなかで、
死後の世界に関する問いに対する抵抗は、
既存の科学、学問としての超心理学、既存の宗教、そして一般市民という、
社会の四つの部分に広がっていると記している。
科学者たちは、問われると、精神や意識が、
何らかの形で死後も存続するという確かな証拠は見当たらないと答えることが多いが、
彼らの大部分は、証拠が存在することすら知らない―そして、
そのような証拠を突きつけられると、そんなものは単なる迷信だと退ける傾向がある。
変則的な現象を研究するために作られた学問分野そのものである超心理学は、
死後の世界に関連する現象に注目するのを避けることが多い。
超心理学は、科学のためにこそ約75年間にもわたって、
献身的に打ち込んできたにもかかわらず、多くの超心理学者は、霊媒能力、幽霊、
そしてその他死後も意識が存続していることに関連する現象の研究に取り組むと、
超心理学という学問が科学の一分野として受け入れられなくなるかもしれないと恐れている。
既存の宗教はといえば、あの世からのコミュニケーションを、魔術や悪魔の力と同一視し、
死後の精霊や魂や意識の存続は、教義と信仰の問題だと主張しているにもかかわらず、
それを研究し明らかにできるかもしれない事実についての情報を持っていたとしても、
そのようなものを提供することはめったにない。
次に一般市民だが、死後の精神の存続については、
研究するのを反対するというより、そのようなことを考えること自体を避けている。
この話題そのものがタブーとなってしまったのだ。
スタニスラフ・グロフは、『究極の旅』という著書のなかで、死という現象と、
それに関わるすべての事柄に対する関心が欠如しているという奇妙な事実を取り上げる。
現代社会に内在する文化的偏見は、死後の精神の存続に関する現象を研究したり、
認識したりすることを阻むのみならず、死そのものや、
死を迎えるということにまつわるすべての経験をないがしろにする傾向をもたらす。
現代人は、意識は、脳によって生みだされた物質の附帯現象だと確信している。
このような考え方は、現代の文明の信条や認識にまでも大きな影響を及ぼしている。


アーヴィン・ラズロ「グローバルブレイン未来への鍵」




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/951-a2f358f6