FC2ブログ
2008.11.22 霊能力の限界
釈迦当時のインドと同じように、日本にも無数の教祖が存在しています。
しかし、外道には法による救済力がありません。

現代の仏陀は、このように解き明かされています。




日本には二十万近い数の宗教団体があり、
登録していないものは、その三倍あるとも言われていますが、大部分は小さな団体です。
信者数が三百人や五百人、千人ぐらいまでの小さな教団が、非常に数多くあります。
教祖が自分の能力を仕事の限界にしているため、それ以上には大きくならないのです。
その最たるものが心霊治療です。
手のひらなどを使い、霊力で病気を治したりするわけですが、
こうした手かざしなどで病人が治ると、相手は喜ぶし、
自分も非常に偉くなったような気がします。
そういう喜びは、何ものにも代えがたく思えるものであるため、
やめられなくなり、ずっと続けることになります。
ところが、同じようなことのできる弟子を数多くは養成できません。
一人か二人は養成できるかもしれませんが、
マスプロ教育のように何十人も何百人も養成することはできません。
そうすると、一日に治療することのできる人の数に限界が生じ、
それが組織の大きさの限界になります。
新しく始まった宗教は、たいてい霊能力が中心になっています。
宗教は教祖に何らかの霊能力がないと始まらないのが普通です。
しかし、教祖がその霊能力に縛られ、
霊能力を使うことに専念していると、教団は決して大きくなりません。
その人が直接に会える人の数以上にはならないのです。
これが、数多くの宗教団体が、それほど大きくならない理由です。

私は霊能力を持っているので、
当然、病気治しなどの霊現象も起こせますが、実際には行っていません。
それを行うと、自分の体力の範囲が限界になって、教団が大きくならないからです。
病気治しを行った場合、これだけ数多くの信者がいれば、それだけで手いっぱいになります。
そういう方法によって多くの人を救おうとすると、一定の規模を超えたときに、
努力逆転となり、自分の能力や才能が裏目に出ることがあるのです。
そのため、当会は現在、教義中心で広げています。
この方法だと広がりに限界がありません。





クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/966-1720144a