FC2ブログ
2008.11.23 団塊挽歌
日本は未だ社会主義国。

イデオロギー闘争なる西洋思想に染まった団塊の世代の人々。

日本の伝統、文化、民族、風習、宗教をことごとく否定し、世界市民を希求する人々。

敗戦のトラウマを未だ抱え続けている人々。

何故か権力の中枢に居座っている彼らには、神や仏は存在しません。

存在するのは、この世における己の体面とプライド。

彼らにかかれば、信仰は恥かしいことのようです。


しかしそれは、世界では通用しません。

そこで彼らは、仏教を無理やり唯物論にしたてあげ、特異な思想を喧伝します。

「私は『仏教徒』であり、仏教は神を認めない唯一の信仰形態なのです」と!

厚顔無恥にもほどがあります。

そのような思想を持った学者達は、
何故か、オウム教団を擁護し、闇や退廃を賛美していました。


彼らに、宗教や道徳、善や愛や平和を語る資格はないのです。

ちなみに、現代日本の知識人の流行は、“スピリチュアル”批判です。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/970-020f65a0