FC2ブログ
2008.11.24 宗教の復権
始めにことばありき。

物質には意識が先在することが認識され、宗教が現実のパワーを持ちはじめました。

宗教は、聖なる科学であり、意識や霊性の開発を専門とするものであるからです。

唯物科学離れは進み、人々はイマジネーションやヴィジョンの力を信じています。

それと同時に、信仰の力にも目覚めはじめています。

信仰とは、神と一体になることです。

信仰とは、親子以上の魂の深い絆で結ばれることです。

この世において、いちばん大切なものが信仰です。

信仰があれば、どんなことがあっても生きていけます。

目に見えるものしか存在しない、とは何と偏狭な考え方なのでしょうか。

大宇宙には意味も目的も存在せず、生命は偶然の所産だとは、何と悲愴な思想なのでしょう。

人々は、ここ数世紀にわたる間違いにようやく気づきはじめています。

物質主義の呪縛が解け、ようやく宗教の時代がやって来ようとしています。




クリックして愚僧の活動に御協力ください。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://souryonotakurami.blog46.fc2.com/tb.php/972-864f40d0